CD - The songs of Mathilde de Rothschild / マティルド・ド・ロスチャイルド

The publication of a double album devoted to Mathilde de Rothschild's music constitutes a further important step in the reassessment of nineteenth-century women composers. Anyone who is familiar with the cultural life of the time, would be aware of the importance of the Rothschild family who were patrons of many prominent composers, such as Mendelssohn, Herz, Bellini, Spohr, Liszt, Meyerbeer, Rossini and Chopin.

The latter, in 1849, was eager to teach a teenaged "Rothschild girl," whom he clearly considered very talented. Mathilde went on to become a respected, prolific and well-published composer of beautiful music.

"Each of these fifty-odd songs is sung with much artistry as if each is a precious and unique jewel."

ハナ・マティルド ・フォン・ロスチャイルド(ロートシルト)は1832年3月15日ウィーンで生まれた。彼女の母シャーロットは英国生まれのロスチャイルドであり、父アンセルムはオーストリアの分家の出身であった。家族の間でマッティと呼ばれていたマティルドはピアノと作曲の力に優れ、幼い頃から音楽の才能を発揮していた。マティルドが13歳であった1845年の彼女のいとこの手紙にはこう記されている。「マティルドがピアノを弾くとき、彼女は神秘的な力に溢れ、音楽の活力・気迫に満ちている。マティルドの教師たちはそろって、彼女の作曲はフロトー、ボワエルデュー、アダンそして オベール自身の作品といずれ肩を並べるであろうと評価している」。

"Charlotte de Rothschild's understanding of this music is obviously deeply felt. Her German is impeccable and she produces an expressive range of colours with some thrilling top notes. I find her soft singing particularly lovely. Adrian Farmer is a supportive and expressive accompanist and he rises ably to the challenge of the piano solos which were clearly influenced by Chopin, who admired Mathilde's remarkable talent."
March 2013 Amazon Review


"Charlotte de Rothschild has a charming voice and vocal technique well suited to this type of music i.e. German Lieder"
This CD brings to light works little known. It is more than a novelty - though for that alone - it is admirable - here is a body of work, which is moving and emotionally stirring."
April 2013 Amazon Review


"..a delightful, lovely set of songs (with half a dozen solo piano works thrown in for occasional contrast), performed with skill and sensitivity by a gifted lyric soprano and sensitive accompanist.

The two discs here are divided, the first devoted to German Lieder, the second to French mélodies. One might think that listening to more than two hours of songs by a less-than-front-rank composer, sung by the same soprano, would become boring, but that was not the case. When I began the first disc I was immediately and pleasantly surprised at the level of melodic invention of the vocal line, and the variety of color in the accompaniments, but it was still my intention to finish that disc and save the second one for another day. By the time disc one was finished, though, I wanted to go right to the second, and so I did.

One very interesting aspect of listening that way was to appreciate how thoroughly Rothschild adapted her musical style to the French language and tradition. In both languages her settings reflect the texts very strongly, and the piano accompaniments underline meaning in subtle ways. It is fair to say that she did not possess as unique a voice as the greatest song composers (Schubert, Schumann, Wolf, Brahms, Debussy, Duparc). But after listening to these discs more than once, I would put her songs at a high place in the second tier. They are lovely, many of them do stay in the memory long after their conclusion, and they will provide great pleasure to anyone who loves the genre of the Romantic art song. The solo piano pieces that are included provide a lovely contrast, and more than once show Rothschild's relationship with her teacher Chopin.

Charlotte de Rothschild.. has a strong musicological background, an attractive lyric soprano voice, a finished vocal technique, and real imagination guided by intelligence. Adrian Farmer’s colorful work as a collaborative pianist has been heard on other Nimbus recordings, and is a real plus here. The recording is warm and natural.
Excellent essays accompany the disc, with valuable and balanced information and assessments of the music. This is very enthusiastically recommended.
December 2013 Henry Fogel, Fanfare Magazine


"Sung as if each song is a precious and unique jewel."
What must it be like, first discovering and then learning songs by an ancestor whose name, in musical circles anyway has utterly vanished without a trace. That is what Charlotte de Rothschild has done and what a voyage of discovery it has been for her … and for the listener. Some of the songs were published by Durand in Mathilde’s lifetime but others have emerged from a discovery made in a family loft.

The first disc is devoted to settings in German. Mathilde had lived in Frankfurt for several years with her husband. Six charming Schumann-esque pieces open the programme. These were published in 1876. Other groups come later on the disc - those of 1897 in a very similar style. There’s also a group put together from 1885. Three settings of Heinrich Heine come in this first publication. Of these the one that especially took my fancy was Weine nicht, a setting of a folksong text. It is particularly touching in its melody line with its repetition of 'Do not weep'. Also quite moving was the following Du bist wie eine Blume. Schubert is never far away, or Carl Loewe, but the more modern world of Wolf and Wagner passes Mathilde by.

She sets a wide range of poets. Especially touching is O sage nicht - 'O do not say that love dies away like a dream'. Here the harmony is more probing and interesting and the word setting is especially affecting. Her favourite subject matter includes love - lost or found, and the natural world and landscape. These are well summarised in the lovely song Komm! Geh mit mir in's Waldergrün. She sometimes misses the emotional mark of a poem; one such is Lamento – 'My beautiful love is dead'.

The booklet notes which fascinatingly recount the background to the de Rothschild family and its musical connections tell us that Chopin especially enjoyed visiting the family home. Indeed he taught Mathilde for a while when she was teenager. It is hardly surprising then that the two CDs are littered with occasional, quite short solo piano pieces - a Mazurka or two, a Nocturne and other romantic and dreamy salon pieces of great charm. Perhaps if she had written more for the piano Cécile Chaminade might have had some extra competition.

Mathilde was a real cosmopolitan by the standards of her time. She spoke at least three languages fluently and there are some songs in English. However, CD 2 is devoted to French Mélodies. These are not necessarily French in the musical style of Chabrier, Bizet, Chausson or even early Debussy but are settings of some of the more popular poems of the day by poets like Victor Hugo or Théophile Gautier. In fact the most famous of the songs, Si vous n'avez rien a me dire, the one which made her name is, rather unfortunately not recorded here. This is something of an error. Another Hugo setting, equally enchanting, is Si mes vers avaient des ailes, as is Enfant rêve encore.

In some songs the dance rhythms of Paris and Offenbach (as in Danziam) are not that far away and in the lovely Charmeuse and Le rossignol Bellini's cadential melismas are recalled. Mathilde had met or knew well many of the leading composers of the day including Spontini and Meyerbeer. She was also well versed in the operettas of the time. The first song of CD 2, Romance, parle moi is sentimental but has a memorable and wide-ranging melody. Another light-headed charmer is C'était en Avril, a setting of a good-natured poem by Pailleron. Also, what can be a more moving and beautifully arched melody than in Vous avez beau fair et beau dire; likewise in Je n’ose pas – perfect miniatures both.

There is a difference of style between the German and French settings but mostly a consistent language is at work. Although it may cloy a little at times it is always perfectly of itself and is utterly persuasive.

Adrian Farmer is no mere accompanist although often the piano parts simply support the voice. On other occasions they are quite dominant and use the whole keyboard with sweeping arpeggio figures, melodies doubled in the right-hand and some rich and unexpected harmonic writing. Just to take two contrasting examples, in Les Papillons, a light almost luminous accompaniment adds more than the sum of its parts to the more monochrome vocal line. In the German song, Am See we move from rippling lake accompaniment to a dark, Schumannesque change to homophony for the remembrance of the dead lover. Farmer is utterly part of the duo and adds character where it is most needed and shows a strong understanding of style and nuance.

The discs come with a complex but fascinating history of the de Rothschilds - especially of those in the early 20 th century - by Charlotte herself. There is also a useful and detailed commentary on 'The Musical Voices of Mathilde de Rothschild' by a very sympathetic Francesco Izzo. Each of these fifty-odd songs is sung with much artistry as if each is a precious and unique jewel. All of the texts are supplied in a separate booklet and have been excellently translated by various hands. The recording is ideal: intimate but spacious.

December 2013 Henry Fogel, Fanfare Magazine

CD1 German Lieder

1-6 Sechs Lieder (1876)
7 Mazurka Op.26
8 Auf den Bergen
9 Das flotte Herz
10 O sage nicht!
11 Der Komet
12 So war die Sonne scheinet
13 Die Gletscher leuchten 14 Komm! Geh' mit mir in's Waldesgrün
15 Am See
16 Seitdem du mich verlassen
17 Nocturne Op.2
18-23 Sechs Lieder (1897)
24 Souvenir Op.2
25-35 Zwölf Lieder (1890)

CD2 French Mélodies

1 Romance, parle moi
2 Bluette
3 Appelle-moi ton âme
4 Près du lilas
5 Coquetterie
6 C'etait en Avril
7 Quand vous me montrez
8 Romance Magyare
9 Mazurka
10 Vous avez beau faire et beau dire
11 Les papillons
12 Le rossignol
13 La voix qui dit je t'aime
14 Si mes vers avaient des ailes
15 Charmeuse
16 Danziam, valse chanté
17 Waltz
18 Souvenir
19 Si j'etais rayon
20 Je n'ose pas
21 Puisque vous êtes revenue
22 Enfant, rêve encore
23 Feuillets d'Album Op.2
24 Chanson du pêcheur
25 Tristesse
26 Le vallon natal

Playing time 2 hours 21 minutes.

マティルドが誕生した頃、ロスチャイルドの銀行業務はヨーロッパの5つの都市で隆盛を極め、ロスチャイルド家の人々はロンドン、パリ、フランクフルト、ウィーン、ナポリを頻繁に行き来していた。ロスチャイルド家の成功とともにその社会的地位も向上し19世紀の社交会に昇進したことは、最良の音楽教師を雇うことができることをも意味していた。マティルドは幼少期をウィーンとフランクフルトで過ごした。一家はフランクフルト郊外のグリューネブルグ(緑の城)と呼ばれる邸に住んでいたが、母親のシャーロットはフランクフルトのファショナブルな社交のためにソアレやパーティーなどを開き、洗練された素晴らしい社交場のホストとしての役目を果たしていた。この頃はマティルドにとって非常に幸せで恵まれた時期であり、音楽の勉強に対して母親からサポートを多大に受けていた。父親との間には多少距離があったが、母親は子どもたちに対して献身的であり、マティルドの弟フェルディナンドの手紙には「母は短い人生を全面的に家族のケアと子ども達の教育のために捧げてくれた」と後に語っている。シャーロットは子どもたちが3か国語を話せるように、そして芸術・音楽などを十分に鑑賞できるように育てた。マティルドのいとこコンスタンス (バタシー男爵夫人) は子どもの頃、グリューネブルグ を英国からたびたび訪れ、そのリラックスした雰囲気をよく覚えており、こう語っている。「ジュリーとマティルドはとても美しい、優雅な容姿の持ち主であり、気品に満ち溢れていた。彼女らが喫煙しているのを初めて目にし、女性でありながらこの男性的な道楽を楽しむこの姉妹の姿に幼い私は驚きを隠すことができなかった。しかも彼女達はたばこではなく葉巻を吸っていたのである」と。

フレデリック・ショパンは、パリのラフィット通りにあるジェイムスとベティ・ ド ・ロスチャイルド(ロチルド)が主宰する サロンにおいて、頻繁に演奏を行っていた。ショパンはある友人に、自分は「ロスチャイルド家が大好きで、ロスチャイルド家も私のことがお気に入りなんだ」と打ち明けていた。ショパンは ロスチャイルド家の多くの女性を教えていた。ベティと娘のシャーロット、そしてこの親戚の家をよく訪ねていた16、17歳のマティルドは、その際にショパンから手ほどきを受けたものと思われる。ショパンはマティルドの才能に感銘を受け、病気が末期の頃、生徒をほとんど持たなくなった時でさえ、この「ロスチャイルドの少女」のためには時間を費やすのを惜しまなかった。

マティルドは1849年の17歳の時、父親のいとこであり、ナポリの分家出身の、ヴィルヘルム・カール ・フォン・ ロスチャイルド (愛称ウィリー)と結婚した。ウィリーのものの考え方は、若い頃から極めて正統的であり、結婚前から新妻に彼の生活様式を重んじることを約束させた(彼女は50年間の結婚生活中それを守り抜いた)。彼女の叔母の一人はこのように語っている。「マティルドは結婚式の際、ダイアモンドの花冠、というか、頭にかぶるキャップを留めるピンまたは櫛の役目を果たす垂れ下がる花飾りを望んでいた。しかし、ウィリーはこの点も情け容赦なく、この若い花嫁は結婚式の日でさえ、既婚した婦人が身につけるような地味な頭飾りで我慢しなければならなかった」。夫の要望に応え、マティルドはユダヤ教の祝日であるサバトの日には決して乗り物には乗らず、めったに外食をしなかった。また、あるドイツ皇帝主催の晩餐会ではその食事が全くユダヤ教の慣行に従ったものではなかったので、もちろん彼女もウィリーも皇帝の招待にあずかったことには感謝したが、食事を口にすることを断ったといわれている。

結婚当初の12年間、ウィリー とマティルドはナポリとフランクフルトの両方をベースにしていたが、1861年のイタリア統合後ナポリの支店を閉じ、ウィリー と彼の兄弟マイヤー・カールがフランクフルトの支店を運営できるよう、フランクフルトに拠点を移した。1901年にウィリーが死去すると、フランクフルトの支店も閉店した。ウィリーと マイヤー・カールはビスマルクを熱心に支持していた(彼らのいとこ達は熱心すぎると感じていたが )。また、彼らはパレスチナ問題の解決に関しても支持していた。この点は、おそらく彼らのユダヤ教正統派への信仰に由来するものと思われる。フランクフルト支店は彼らのラビ、ラビ・ヒルシュの、そしてその政教分離主義の教えに強く影響されていたからである。

ロスチャイルド家の多くのメンバーがそうであるように、ウィリーも熱心な蒐集家であり、ドイツの世俗的な中世の銀器を蒐集していた。グリューネブルグの家はマティルドの姉妹であるアリスが相続していたが、アリスは後に、妻に先立たれ独り身となっていた弟のフェルディナンドと英国・バッキンガムシャーのワデスドンの邸に移ったので、マティルド とウィリーがグリューネブルグに住んでいた。このほかにマティルド とウィリーはババリアの狩猟小屋風の家、ケーニッヒシュタインも有していた。ここは週末や休暇中に別荘として使用され、またマティルドが晩年に住んだ家でもあった。

ロスチャイルド家の人々は皆、その社会的地位を自覚しており、またその地位が喚起しかねない反ユダヤ主義を非常に意識していた。そのため、ユダヤ教・非ユダヤ教の両方で、あらゆる福祉・慈善活動を支えることに十分に気を遣っていた。この慈善活動においてもマティルドは良き例であった。彼女は、ユダヤ人の子どものホーム、病気の外国籍ユダヤ人のためのゲオルギーネ・サラ・ フォン・ ロスチャイルド・ファウンデーション、ユダヤ人の女性を対象とした(古いロスチャイルドの家を開放して作った)老人ホーム、バート・ナウハイムの女性のためのジューイッシュ・ホーム、そしてマティルドが住むケーニッヒシュタインの避暑地に近い温泉地バート・ ゾーデンに貧しいユダヤ人のための療養所を設立した。マティルドは1910年設立の新しいフランクフルト大学の主な後援者でもあった。

マティルド が活躍した当時、音楽界にあった慣習が何であったにせよ、マティルドの歌はすべて彼女独特の楽しい魅力がある。主としてはロマンティックであるが、同世代の他の流行歌などと比べ、比較にならないほど奥深い感情と哀感が感じられる。マティルドの歌集は当時の有名な出版社によって、彼女自身の名前 "La Baronne Willy de Rothschild"(ウィリー・ド・ロチルド男爵夫人)、または "Freifrau Willy von Rothschild"(ウィリー・フォン・ ロートシルト男爵夫人)として出版された。マティルドは、クリスティーナ・ニルソン、セルマ・クルツ、アデリーナ・パッティなど、当時の多くの一流歌手から作曲を依頼された。マティルド の最も有名な歌は、彼女の友人アデリーナ・パッティのために作曲した5曲のうちの最初の曲で“Romance” とも呼ばれていた ”Si vous n’avez rien a me dire”であった。パッティはアンコールの際によくこの歌を要求され、1905年にはレコーディングも行った。マティルドは彼女らしく、この曲を「私の失敗作 (mon navet)」として拒否したが、実際にはとても誇りに思っていた。マティルドの英国にいるいとこの一人は1866年5月にこのように書いている。「この冬パリでパッティは “Si vous n’avez rien a me dire” を歌わなかったところ、観客が全員で、”マダム・ド・ロスチャイルドのRomance” が聞きたいと叫んだ」。

1867年にかの著名な音楽家、チャールズ・ハレ卿はルイーザ・ド・ロスチャイルドに「貴方のいとこがどれほど類まれなる、素晴らしい才能を持っているかをわかっている人はいない。彼女の曲はチャーミングであり、優しい気品と光り輝くオリジナリティに満ち溢れている」と伝えた。

マティルドは3人の娘に恵まれ、夫よりも23年長生きをし、満足のいく人生を送った。彼女は正統的な生き方と縁を断つことなく、彼女の孫息子ジミーの妻であるドリーは1913年、マティルドが81歳、ドリーが18歳の時に、フランクフルトで過ぎ越しの祭りを一緒に祝ったことを記憶している。ドリーはこう記している。「マティルドは知的に優れているのみならず、稀にみる良き理解者であり彼女の家族全員から良き相談相手として信頼されていた」。1922年3月5日、いとこのコンスタンスが記録しているように、まだ「すべての才能を完璧に有していた」90歳の誕生日に、マティルド は遠縁をも集めての晩餐会を開いた。その2年後の1924年3月8日に彼女は永眠した。彼女は一生を通して作曲を続け、出版も行っていた。マティルドは真に才能のある音楽家であり、優れた作曲家でもあった。この歌のコレクションは、正に彼女の偉大な遺産なのである。

シャーロット ド・ロスチャイルド
2013年2月


BUY THE CD

The songs of Mathilde de Rothschild

The publication of a double album devoted to Mathilde de Rothschild's music constitutes a further important step in the reassessment of nineteenth-century women composers. Anyone who is familiar with the cultural life of the time, would be aware of the importance of the Rothschild family who were patrons of many prominent composers, such as Mendelssohn, Herz, Bellini, Spohr, Liszt, Meyerbeer, Rossini and Chopin.

The latter, in 1849, was eager to teach a teenaged "Rothschild girl," whom he clearly considered very talented. Mathilde went on to become a respected, prolific and well-published composer of beautiful music.

"Each of these fifty-odd songs is sung with much artistry as if each is a precious and unique jewel."

Subscribe to our newsletter

* indicates required

Contact


Exbury Estate Office
Exbury
Nr. Southampton
Hampshire SO45 1AZ

enquiries@charlottederothschild.com