CD - Furusato - A Japanese Journey 2
故郷〜日本の旅路ニ

Furusato, 'Homeland' - is a song with a deep meaning of belonging, whether this is in the countryside or the city; 'I can never forget my birthplace', the song says, with the hope that one day there would be a possibility of returning home.

「ふるさと」、この歌は、自分が育った場所、それが田舎であっても都会であっても、それぞれの人にとって大事な意味があるという歌です。「忘れがたきふるさと」と歌詞にありますが、その歌詞にはいつの日かふるさとに戻りたいという希望が籠められています。

I regard Japan as my second home, having visited many times over the 27 years since 1991. This is partly because of the wonderfully warm welcome I get, partly because I love the beauty of the countryside, the culture and the history but also because the songs I sing truly touch my heart

This is my third CD of 'kakyoku' and Adrian Farmer and I have put together some familiar and some unusual songs within the selection. One of the better-known songs is Koujo no tsuki, the castle in the moonlight echoing with the ghosts of samurai warriors, and equally, the song Sakura, sakura 'Cherry Trees' is recognised all over the world. Less well known is Machino hana ya 'The Flower Seller', an amusing song about a rather extrovert lady, or Funa uta 'Boat Song', a picturesque autumn song where the piano part exactly captures the falling acacia leaves drifting along the river. It is a pleasure to share a different beautiful setting of the poem Sakura yoko cho by the poet Shuichi Kato, this time composed by Sadao Bekku, and also, Kitahara Hakushu's Jogashima no ame 'Rain in Jogashima' - one of my favourite poems - presented here in Tadashi Yanada's popular composition. It was fun doing three clever arrangements by Tomoko Iwakawa of the 'dou-you' children's songs Kanariya 'Canary', Nanatsu kono 'Seven baby crows', and Aoimeno ningyo 'American doll'.

I enjoyed singing the well-known Ice-cream no uta 'Ice-cream Song' and getting my mouth round Hayakuchi kotobao no uta 'Tongue-twister'. Although I couldn't resist adding a few English tongue-twisters as well at the very end!

1

Shikararete
Scolded

Katsura Shimizu / Ryutaro Hirota

3.30

2

Aoimeno ningyo
The American doll

Ujo Noguchi / Nagayo Motoi arr. Tomoko Iwakawa

2.44

3

Kanega narimasu
Ringing the bell

Hakushu Kitahara / Kohsaku Yamada

2.10

4

Oyasumi nasai
Goodnight

Rofu Miki / Yoshinao Nakada

3.06

5

Ice-cream no uta
Ice-cream song

Yoshimi Sato / Koichi Hattori

2.42

6

Peichika
Manchurian stove

Hakushu Kitahara / Kohsaku Yamada

2.24

7

Shigure ni yosuru jojo
A song to the rain

Haruo Sato / Kozaburo Hirai

1.44

8

Kamome
The seagull

Saisei Muro / Ryutaro Hirota

2.19

9

Koujo no tsuki
Moon over the ruined castle

Bansui Doi / Rentaro Taki

4.58

10

Kanariya
The canary

Yaso Saijo / Tamezo Narita arr. Tomoko Iwakawa

3.04

11

Furusato
Homeland

Tatsuyuki Takano / Teiichi Okano

2.12

12

Sakura, sakura
Cherry trees

Anonymous / Kohsaku Yamada

1.38

13

Hamachi dori
Plovers

Meishu Kashima / Kohsaku Yamada

2.45

14

Funa uta
Boat song (Unrequited love)

Hakushu Kitahara / Ikuma Dan

4.43

15

Machino hana ya
The flower seller

Sumako Fukao / Saburo Takada

2.20

16

Higurashi
Autumn cicadas

Toichiro Kitayama / Ikuma Dan

2.42

17

Sakura yoko cho
Cherry alley

Shuichi Kato / Sadao Bekku

3.52

18

Nanatsu no ko
Seven baby crows

Ujo Noguchi / Nagayo Motoi arr. Tomoko Iwakawa

2.39

19

Chugoku chihono komori no uta
Chugoku region lullaby

Anonymous / Kohsaku Yamada

2.20

20

Ya kyoku
Serenade

Rofu Miki / Kohsaku Yamada

4.34

21

Kaze no kodomo
Little wind

Yumeji Takehisa / Yoshinao Nakada

2.40

22

Jogashima no ame
Rain in Jogashima

Hakushu Kitahara / Tadashi Yanada

3.10

23

Hayakuchi kotobao no uta
Tongue-twister

Tamao Fujita / Megumi Onaka

2.10

「ふるさと」、この歌は、自分が育った場所、それが田舎であっても都会であっても、それぞれの人にとって大事な意味があるという歌です。「忘れがたきふるさと」と歌詞にありますが、その歌詞にはいつの日かふるさとに戻りたいという希望が籠められています。

私が1991年以来27年に渡って、日本を訪れた回数は数え切れないほどで、私にとって日本は第二の故郷と思っています。それはなぜかというと、いつもとても温かい歓待をして頂くから、又、私が、日本の歴史、文化、田舎の景色の美しさが大好きであるから、そしてさらに、私が歌っている日本の歌が、私の心の琴線に触れるからです。

これは、エイドリアン・ファーマーと私との3枚目の歌曲のCDで、選曲としては、お馴染みのものと、あまりお馴染みでないものを、混ぜて入れてみました。よく知られている曲の一つ「荒城の月」は、月の光を浴びた古城に響く侍の霊、そして「さくら、さくら」は世界中で知られています。あまり知られていない曲としては、「町の花や」はややお転婆な女性のことを歌った楽しい歌で、「舟歌」は美しい秋の曲で、ピアノの部分が、正に、アカシア、の落ち葉が川を漂う様を表現しています。

同じ詩でも違った編曲をして楽しむことがありますが、加藤周一の作詞による「桜横丁」は、今回は別宮貞雄の作曲によるものです。同じく北原白秋の「城ケ島の雨」、これは私の一番好きな詩の一つですが、ここでは梁田貞のお馴染みの編曲です。

岩河智子の優れた編曲よる三曲の童謡、「カナリヤ」「七つの子」「青い目の人形」を歌うのはとても楽しいことでした。よく知られている「アイスクリームの歌」や「早口言葉の歌」を歌うのも楽しかったです。早口言葉の歌の時は最後に英語での早口言葉をつけたしたくなりました。

 

 

作詞

作曲

 

1

叱られて

清水かつら

弘田龍太郎

3.30

2

青い眼の人形

野口雨情

本居長世 岩河智子編曲

2.44

3

鐘が鳴ります

北原白秋

山田耕筰

2.10

4

おやすみ

三木露風

中田喜直

3.06

5

アイスクリームの歌

佐藤義美

服部公一

2.42

6

ペチカ

北原白秋

山田耕筰

2.24

7

しぐれに寄する抒情

佐藤春夫

平井康三郎

1.44

8

かもめ

室生犀星

弘田龍太郎

2.19

9

荒城の月

土井 晩翠

瀧廉太郎

4.58

10

かなりや

西條 八十

     成田為三 岩河智子編曲

3.04

11

故郷

高野辰之

岡野貞一

2.12

12

さくらさくら

日本語歌詞

山田耕筰

1.38

13

浜地鳥

鹿島鳴秋

弘田竜太郎

2.45

14

舟唄  (片恋)

北原白秋

團 伊玖磨

4.43

15

市の花屋

深尾須磨子

高田三郎

2.20

16

ひぐらし

北山冬一郎

團 伊玖磨

2.42

17

さくら横ちょう

加藤周一

別宮貞雄

3.52

18

七つの子

野口雨情

   本居 長世  岩河智子編曲

2.39

19

中国地方の子守唄 

日本語歌詞

山田耕筰

2.20

20

夜曲

三木露風

山田耕筰

4.34

21

風の子供

竹久夢二

中田喜直

2.40

22

城ヶ島の雨

北原 白秋

梁田 貞

3.10

23

早口ことばのうた

藤田圭雄

大中 恩

2.10

BUY THE CD

Furusato - A Japanese Journey 2

Furusato, 'Homeland' - is a song with a deep meaning of belonging, whether this is in the countryside or the city; 'I can never forget my birthplace', the song says, with the hope that one day there would be a possibility of returning home.

Subscribe to our newsletter

* indicates required

Contact


Exbury Estate Office
Exbury
Nr. Southampton
Hampshire SO45 1AZ

enquiries@charlottederothschild.com